肌に負担をかけないファンデーション

ツヤツヤの陶器肌を実現!リキッドファンデーション

初めはずっとパウダーファンデーションを使用していて
あるとき、リキッドファンデーションを試してみたところ、
そのフィット感と見た目の違いに驚きました!

 

まさに女優のようにアップで見られてもツルツルの陶器肌が
実現されている…!と嬉しくなってしまいました。
この肌の質感…写真に撮ろう♪と思ったほど…。
なんてスゴイの!リキッドファンデーション!
毛穴どこ?ニキビ跡どこ?って感じです。

 

文句なしにキレイに見えるリキッドファンデーションですが
そこには落とし穴があったってこと、後になって知りました。
それは、肌への負担が大きいってこと。
さらに、キレイに塗るためにはコツも時間もいるってことです。

 

リキッドファンデーションには、界面活性剤や防腐剤が入っています
それが、肌に対してのちのち悪影響を及ぼす可能性があるそうです。

 

私は何を塗っても大丈夫!という自信のある方ならいいかもしれませんが、
敏感肌の方だと、リキッドファンデーションは強すぎて
肌荒れを起こしてしまうかもしれませんね。
また、現在は大丈夫!と思っていても、将来的に良くない作用を
もたらすことも考えられますよね…。

 

私は、リキッドファンデーションを塗った後の、
肌が呼吸できていない感じが気になっていたのと、
毛穴に浸透して奥深くまで成分が入るのが気になったこと、
さらにクレンジングをものすごくしっかりしないと
落としきれてない感じがあることなど、
肌のことを考えると不安要素があったんです。

 

なので、リキッドファンデーションのカバー力は
とても魅力的ですが、最近では、特別なオシャレの日以外は
リキッドファンデーションを使用しないようにしています。

 

さらに、リキッドファンデーションはパウダーファンデーションに
比べて、塗り方にコツがいります
ペタッとペンキのように塗るタイプなので、塗り残しやムラがあると、
境目が分かってしまう場合もあるんですよね。
よって、塗るのに神経を使って時間もかかる…という点が
忙しい現代女性にとってはやはり大変なことかなと思います。