肌に負担をかけないファンデーション

使い勝手の良さが魅力!パウダーファンデーション

パウダーファンデーションは一番最初にファンデーションを
使うときに、まず買ってみる女性が大多数のようです。
それほど使い勝手が良く、手に入れやすい商品ってことですよね。

 

ふわっと肌に乗せるだけで、ベールをまとったように
毛穴が目立たなくなって、気になる肌のシミやニキビ跡も
ある程度は隠してくれます。

 

なので、そんなに毛穴が目立っていない方や、
気になるシミやニキビ跡が無い場合には、
パウダーファンデーションで充分だと思います。
ちょっと気になるシミやニキビ跡はコンシーラーで隠して
上からパウダーファンデーションを使用する
という方法もありますし。

 

夕方になって化粧崩れが気になっても、
軽くあぶらとり紙やティッシュで余分な油分を取り去ってから
再び上からささっと塗り直せば、もうキレイな肌が復活するのも
パウダーファンデーションの魅力ですよね。

 

このように、時短でテクニックいらず という部分が
パウダーファンデーションの人気の秘訣と言えそうです♪

 

そんなパウダーファンデーションを使っていて
ちょっと気になるのは、粉浮きしてしまう ということでしょうか。
どうしても粉っぽい感じが出てしまうんですよね。

 

そんなパウダーファンデーションの粉っぽさが気になるなら、
是非、水ありタイプのパウダーファンデーション
選んでみてください。

 

水ありタイプの場合は、スポンジを水で濡らしてから
パウダーファンデーションを塗ることができます。
そうすると、パウダーファンデーション単品で使用する場合と
違って、肌にピタッと密着してくれる感じがあります
または、普通にパウダーファンデーションを使用してから、
上から水や化粧水のスプレーを吹きかけるのもOKです。

 

尚、水ありの状態で朝メイクをして、その後化粧直しをするときの
注意点ですが、化粧直しは「水なし」の方がいいと思います
化粧直しも水ありでやってしまうと、どうも仕上がりが悪いのです。
なので、そのままパウダーをはたく程度にしておいてくださいね。