肌に負担をかけないファンデーション

肌の色に合っているファンデーション選びのポイント

ファンデーションの色選びって難しいですよね。
自分の肌に合っていると思って買ってみても
なんだか白浮きしている…くすんで見える…
なんて経験があるのではないでしょうか?

 

ファンデーションの色が自分の肌とピッタリと
合っているだけで、肌が何倍もキレイに見えるんですよ♪
その逆に、合っていない色のファンデーションだと
実際よりも老けて見えたり、肌が荒れて見えたり…。

 

ファンデーション選びの基本は正しい色選びから!
以下にその選び方のポイントを紹介しますね。

 

まず、ファンデーションの色選びは、
フェイスラインの色で合わせる のがいいんです。
首の色に合わせるとか、手の甲につけるなんて方法も
よく行われていましたが、それでは不十分だったんですね。
顔と首の中間であるフェイスラインに塗ってみて、
両方に違和感の無い、顔と首の間ぐらいの色を選ぶと良いでしょう。

 

さらに、室内だけでなく屋外でも確認してみることが重要です。
ライトの明かりの下と外の光では見え方が違ってきますからね。
また、同時に時間が経ってからの色の変化も見てほしいのです。
時間が経つと皮脂となじんできて、色の変化が起こってくるからです。

 

また、ファンデーションには、ベージュ系、オークル系、ピンク系があります。
ベージュ系は黄みのある肌色、オークル系は一般的な中間色、
ピンク系は黄みが薄くピンクやブルーがかった肌色に向いている色です。
ただし、メーカーによってその色味は違ってきますから、
自分は○○系だと思っていても、必ず試して比べてみてくださいね。

 

尚、ファンデーションの色は、必ずしもフェイスラインと
同じ色にしなくてはいけないというわけではありません。
例えば、シミやソバカスを目立たなくしたいという場合には、
一段暗めの色を選んだ方がうまくカバーしてくれますし、
くすみを目立たなくしたいという場合には、本来の色よりも
赤みが強い色を選んだ方がくすみのカバー効果が高いです。
その辺もうまく利用して肌トラブルをカバーできるといいですね。