肌に負担をかけないファンデーション

夕方でも化粧崩れしないとっておきの方法

ファンデーションをした朝はお肌も綺麗でこれでバッチリ!
と思って出かけても、夕方に鏡を見てみると化粧崩れがひどくて
とても見られたものではない…そんな経験は誰もがあると思います。
できれば朝の綺麗な仕上がりがずっと続いてくれたらいいのですが
なかなかそんな風にはいきませんよね。

 

実は…その化粧崩れを最小限に抑える方法があるんです。
ちょっとした一手間で持ちが変わってきますから、
化粧崩れが気になって…という方は是非試してみてください。

 

肌の状態を改善する

化粧崩れを起こす大きな原因として、
肌の水分と油分のバランスが悪いということがあります。
元々の肌質が、水分が足りずに乾燥していたり、
油分が多すぎてベタ付いていたりすると
いくら化粧崩れを抑えようと思っても難しいのです。
まずはそこから改善していく努力をしなくてはなりません。

 

ファンデーションを塗る前のポイント

メイクの前に行うスキンケアに問題がある場合があります。
例えば、洗顔がちゃんと出来ていない、すすぎが不十分、
化粧水や乳液が肌に浸透できていない…などです。
そのような状態でファンデーションをすると、乾燥したり、
他の成分とファンデーションが混ざったりして化粧崩れの原因になります。

 

リキッドファンデーションの塗り方ポイント

一見、化粧崩れしなさそうなリキッドファンデーションですが、
実は塗り方が悪いと、余計に化粧崩れが目立ってしまうのです。
塗り方のポイントは、トントンと叩いて馴染ませる感じにすること。
ペンキのように伸ばして塗ると、逆に厚塗りになって崩れやすくなります。

 

パウダーファンデーションの塗り方ポイント

乾燥している肌だと、パウダーが浮いてしまって粉っぽくなりがちです。
水分量が充分な肌だと、ふわっと乗せるだけでちゃんと密着してくれますよ。
スキンケアで乾燥を抑える下地づくりをしてから使用するようにしましょう。

 

パウダーのみで仕上げる

いっそのこと、ファンデーションを使用しないというのはどうでしょう?
下地とパウダーだけでも大丈夫なら、ファンデーションで化粧崩れ
なんてこととは無縁になります。
または、ミネラルファンデーションならば、パウダーのようでありながら
ちゃんとファンデーション効果があるので、いきなりパウダーのみに
切り替えるのに抵抗がある人でも大丈夫だと思います。