肌に負担をかけないファンデーション

カバー力はあるのにナチュラルな仕上がりのファンデって?

ファンデーションに求めるものといえば、まずはカバー力ですよね。
目立つ毛穴やニキビ跡やシミ、そばかすなどを、ちゃんとカバー
してほしいからファンデーションを塗るんですもの。

 

カバー力のあるファンデーションと言えば
リキッドタイプのファンデーションでしょう。
一般的に手軽で人気のあるパウダータイプに比べて、
そのカバー力がとても優れていることを、
使用したことがある人ならわかると思います。

 

実際、結婚式などでプロの方にメイクしてもらう時は
リキッドタイプのファンデーションを使用されます。
それだけ、カバー力があることの証拠ですよね!

 

ただ…リキッドファンデーションって私たち素人が使うと
どうしても厚塗り感が出てしまいます。
カバー力が強ければ強いほどベタッと塗ってます感が出ます。
また、時間が経ったらよれたり突っ張ったり…。

 

さらに、肌をピタッとふさぐ感じで毛穴に密着するので、
肌への負担も心配です。
ただでさえ、リキッドタイプのファンデーションには
界面活性剤や防腐剤が入っているので刺激が強いのです。

 

陶器のような何も見えないツルツルの肌には憧れますが、
「ナチュラルな仕上がり&肌に優しい」という部分では
リキッドファンデーションは不利なようです。

 

私だったら、まずはパウダーファンデーションを塗ってみて
毛穴やニキビ跡やシミがある程度隠れるかどうかみてみます。
ちょっと気になる部分は重ね塗りしてもいいかもしれません。

 

それでもどうしても気になってしまうニキビ跡やシミがあるなら
その部分だけをコンシーラーを使って隠すようにします。
一部分だけなら肌へと負担も少ないですし、
ベースはパウダーだけなので厚塗り感はありません。

 

現在、私が使っているミネラルファンデーションは、
とってもナチュラルな仕上がりなんですけど、
ふわっと毛穴や気になるニキビ跡やシミを消してくれます。
カバー力でいえば、多少物足りない感じはしますが、
よほど気合いを入れてのお出掛け以外は、ある程度隠れてくれたら
いいですし、何より肌に優しいところが安心しています。